有限会社 田中畳店
電話番号 0120-195-622

石巻で畳店をお探しの方へ

田中畳店の特長

畳替えのご案内

畳替えの流れ

畳工事のご案内と施工事例

畳のお手入れ方法

畳工事をご依頼いただいたお客様の声

障子と襖(ふすま)について

営業エリアのご案内




田中畳店オンラインショッピング

オリジナル畳商品一覧

ご注文ガイド

特定商取引法に基づく表記

買い物カゴを見る

会員ログイン













ホームページから畳替えの訪問見積依頼をいただいた方に畳コースタープレゼント!





【サービス対応エリア】
田中畳店は主に石巻市、河北、雄勝、河南、桃生、北上、牡鹿、東松島市、女川町を営業エリアとして畳工事などのサービスを行っております。遠方のお客様で大掃除サービスをご希望の方はご相談ください。

おかげさまで創業130年
有限会社田中畳店

営業時間:8時~21時
定休日:日曜日
〒986-0854
宮城県石巻市
大街道北3丁目3-39
TEL:0120-195-622


石巻市でエアコンクリーニング、ハウスクリーニングなら千代田ビル管理へ


ペットを飼っている人の強い味方はユニット畳でした。【水で洗える畳もあり】

 

かわいいワンちゃんや猫ちゃん。

でも、ペットを飼っていると、このようなことはありませんか。

・あちこち散らかしたり、抜け毛や食べこぼしで掃除が大変
・畳やフローリングを爪でひっかいて傷がつく
・ペットがフローリングでしょっちゅう足を滑らせている
・ペットだけでなく小さな子どももいるので衛生環境は整えたい

このような方には、ユニット畳がおススメです。
ユニット畳は種類にもよりますが、ペットを飼うのに適しているものもたくさんあります。

というわけで今回は、ペットを飼っているもしくはこれから飼おうとしているご家庭にとって、ユニット畳がおススメなポイントを解説していきたいと思います。

 

ポイントその1.お掃除が楽

ユニット畳はフローリングのように掃除が出来るという点が大きなメリットとなっています。
例えば、防水仕様のユニット畳であれば、ペットがおしっこをしたり液体をこぼしてしまっても、染み込まないのでサッとふき取るだけで大丈夫!
カーペットだと掃除が大変な抜け毛なんかも、簡単にお掃除することができます。

 

ポイントその2.傷がつきにくい

次に傷がつきにくいという点が挙げられます。
よくありがちなのが、爪でひっかきまわして床に傷がついてしまうということです。
爪のひっかき傷に関していえばフローリングよりもむしろ一般的な畳のほうが傷がつきやすい印象ですが、ユニット畳については傷に強い丈夫なものがあり、ひっかいても傷が出来づらいので安心です。
室内でのペットの行動範囲を限定するなどして、使用するのもよいかもしれません。

 

ポイントその3.ペットが滑らないので安全

ペットの性格にもよりますが、特にまだ若いうちにははしゃぎまわって室内を駆け回ることもあると思います。
その際フローリングでよく足を滑らせているなんてことはないでしょうか?
ペットも家族の一員ですので、滑らせてケガなんかしないだろうかとひやひやしますよね。
ユニット畳の場合には、ペットが駆け回っても滑りにくいようになっています。
さらに畳の持つ柔らかさお兼ね備えているので、さらにgoodです。

 

ポイントその4.抗菌で清潔

カビやダニなど、衛生面で心配になる部分もあります。
特にペットは毛の中にカビやダニが発生し、それが人に移るなんてこともあるのです。
ペットだけでなく小さいお子様がいる場合などには特に心配になる衛生面ですが、そういった面からみてもユニット畳は優れているのです。

このようにユニット畳は、ペットを飼っているご家庭にはおススメできるものとなっています。
種類も様々ありますので、是非検討してみてくださいね。

田中畳店では、ペット好きのための肉球畳も販売しております。
ぜひこちらをチェックしてください。
犬・猫好きのための畳シリーズ

 

 

投稿日:2020年08月11日 09:14

なぜ、今ユニット畳が人気なのか

今、ユニット畳の人気がじわじわ高まってきているようです。

一昔前までは、和室にするか洋室にするかの選択肢だけで終わってしまうことがほとんどでした。

 

しかし、インテリアをはじめとする住宅環境が進化してきている現代においては、それだけが選択肢ではありません。

そしてその中の一つの選択肢として、ユニット畳が挙げられます。

 

ではなぜ、これほどまでにユニット畳の人気が高まってきたのでしょうか?

今回は、洋室や和室そのものとの違いも考慮しながら、その人気の秘密について、迫ってみたいと思います!

 

 

自由なカスタマイズ性

そもそもユニット畳は、置く場所を選ばない自由度の高いものです。

置く場所を選ばないということは、その時々のライフスタイルに合った使い方ができるということになります。

 

価値観が多様化し、生活のあり方にも変化が大きくなった今、その変化に対応できる柔軟性、カスタマイズ性というものが、現代のニーズにピタリとハマっているのでしょう!

 

子供が小さい間は畳を敷いておきたい…とか、家族の構成がいつ変わるか分からない…など、住居の形はいつどうなるか分からないものでもあります。

 

一時的に洋室に置いて寝転がるも良し、親戚や知人が集まるので空間を変更しても良し、不要なときは押入れにしまっておく、なんてこともできるわけです。

本来の畳よりも薄いので、収納しておくにしても、そんなに場所をとるものでもありません。

和室や洋室といった、そもそもの役割としての空間に縛られない…それがユニット畳すなわち置き畳の人気の理由のひとつなのです。

 

 

インテリアを邪魔しないオシャレさ

ユニット畳には、おしゃれなものも多く存在します。

色も本来のイメージの若草色だけでなく、様々なものがありますので、インテリアの雰囲気に合わせて畳のカラーもチョイスすることができます。

 

また、形も正方形なので、交互に並べれば、模様として楽しむことも可能です。

さらに、縁があるものとないものがあるので、用途や空間に合わせて選択することができます。

 

最近は和モダンなインテリアも流行っていますよね。

和モダンな雰囲気を醸し出すのにも、ユニット畳のコンパクトでさりげない感じがいい効果を発揮しているのではないでしょうか。

 

 

選べる機能性

もちろん見た目だけでなく、機能性も大切ですよね。

ユニット畳は、見た目の部分だけでなく、機能性も様々なものがあります。

 

防水加工のもの、防音加工のもの、利用用途やニーズに合わせて、そのニーズにあったユニット畳を選べるというのは最大なメリットでもあります。

フローリングに比べて、体感温度が暖かく(もしくは涼しく)、柔らかいのは畳ならでは持っている特長でもあります。

 

普通の畳に比べて、サイズも小さく、定期的なお手入れもしやすいのもポイントです。

 

このように、ユニット畳は、ただ見た目や雰囲気が変わるというだけのものでは有りません。

ご家庭に子どもがいる方、高齢者がいる方、ペットがいる方…様々なスタイルやニーズに沿った使い方ができる、これこそがユニット畳が支持されている最大の理由なのです。

 

投稿日:2020年08月11日 09:10

フローリングと畳はどっちがいい?その違いとメリットデメリット!

住まいにおいて洋の代表と言えばフローリング、和の代表と言えば畳ですが、いったいどっちがいいの?と悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

フローリングと畳のどちらにすべきか迷っている方の参考になるよう、それぞれのメリットデメリットとどっちがおススメなのかについて解説しましたのでぜひご覧ください。

 

フローリングのメリット

まずは近年一般的にみられるフローリングから見ていきます。

掃除が楽

フローリングのメリットは何といっても掃除が楽な点です。飲み物や食べ物をこぼしてしまった、もしくは外から泥を運んできてしまったなんて場合にも、簡単に拭き取ることが出来ますし、掃除機でもクイックルワイパーのようなものでもストレスなく掃除できるのはポイントです。

あまりメンテナンスがいらない(耐用年数が長い)

畳と比べた時にメンテナンスがあまりいらないこともメリットとして挙げられます。そもそもフローリング自体が丈夫ですし、相当劣化が進まない限りは床を張り替える必要はありません。必要なメンテナンスと言えば、たまにワックスをかけるくらいでしょうか。ただし、無垢材のフローリングの場合は種類によっては傷付きやすくメンテナンスもこまめに必要な場合があるので注意が必要です。

ダニが発生しにくい

フローリングは畳と比べるとダニが発生しづらいです。ダニの住処となるところが少ないからです。しかし、絨毯やカーペットを使用するのであれば、ダニが発生しやすいのでこの点はメリットとは言い難いです。あくまでフローリングのみの場合にはダニの心配はいらないでしょう。

家具との相性が良い

フローリングは多くの家具を置くには最適です。インテリアもいろいろなパターンで楽しめるでしょう。また、家具に高さがあったり、椅子やソファに座るスタイルの生活であれば、フローリングが向いています。

 

フローリングのデメリット

次にフローリングのデメリットです。

冷たいので冷え性にはつらい

夏の暑い時期は気になるほど熱くはなりづらいですが、冬の寒い時期のフローリングは冷たさに応えるという方も多いのではないでしょうか。特に冷え性の方には冬のフローリングの冷たさは厳しいものがあります。もちろん床暖房を導入すればこのデメリットはありませんが、それ相応の費用がかかります。

硬いので安全面に不安

フローリングは畳と比較すると硬い点がデメリットになります。小さなお子様や高齢の方がご家族にいる場合には、転倒などでケガをしやすいのも確かです。また材質によっては滑りやすいこともあるので注意が必要です。

水に弱い場合がある

フローリングは強いイメージがありますが、こぼした水滴などをそのままにしておくと劣化してしまうことも多々あります。膨張してしまったり、人工のものであれば表面が剥がれてきてしまうということもあります。耐用年数が高いと言えど、取り扱いには注意です。

 

畳のメリット

続いては畳についてです。

柔らかく、安全性に長ける

畳の良いところは柔らかく程よいクッション性があるところです。やはりフローリングで転んでしまうよりは畳の方が安心できますよね。フローリングでペットが滑ってしまうこともあり、ペットのために畳にするという方も増えています。ただし、ひっかき傷がつくので天然ではなく化学畳にする場合が多いです。

調湿

部屋の湿度をちょうどいい具合に調節してくれる機能もあります。湿度が高い時には、畳が空気中の水分を吸収し、逆に乾燥している時には畳の中の水分が蒸発して湿度を上げてくれるのです。言うなれば自然の加湿器・除湿機のようなものでしょうか。

断熱

畳はフローリングよりも温度の変化が小さいので、夏はより涼しく、冬はより暖かくを実感できます。それだけではなく、断熱効果もあるので、例えば冬の寒い時期は床下から来る冷たい空気を遮断してくれる効果があります。

遮音

遮音性も重要なメリットのうちの一つです。アパートなどに住んでいる方は階下や隣の部屋に足音が響いてないか気になってしまうということもあるでしょう。走り回りたい盛りの子どもがいればなおさらです。その場合にも畳であれば音は小さくて済みます。

リラックス効果

天然い草を使った畳であれば、その香りは癒しの効果をもたらしてくれます。また、畳独特の空間で落ち着くという人も多いでしょうし、そもそも生活スタイルが地面に近いということもあり家具に囲まれるよりもリラックスできると感じる方も多いです。もちろん個人差はありますが、日本人として、和室の雰囲気が好きという方も多いのでは?

 

畳のデメリット

メリットの多い畳ですが、次のようなデメリットもあります。

メンテナンスが必要

畳はフローリングに比べてメンテナンスの必要が多くなります。汚れがついてシミになってしまったり、天然のい草が使っているうちにささくれてきてしまったり、日焼けで茶色くなったりします。丁寧に扱えば、10年以上替えなくても大丈夫ですが、それでもフローリングに比べた場合にはかかる手間は増えると言えます。

ダニやカビの発生源になることがある

ダニやカビが発生しやすいのも畳のデメリットです。メリットで調湿効果があると言いましたが、じめじめとした日の当たらない空間であったり、慢性的に多湿な状態にさらされたりなどすると、ダニやカビは発生しやすくなります。

家具などとの相性が悪い

家具との相性は悪いです。特に重い家具の場合には跡がついてしまったり、日焼け具合にもむれが出てしまうことがあります。そもそも和室はあまり家具を置くことを想定していませんので、インテリアという観点からみれば限定されます。しかし、工夫すれば近年人気の和モダンな雰囲気などを醸し出すこともできますので、必ずしもインテリア面でデメリットというわけではありません。

 

畳のデメリットをいろいろと見ましたが、畳には天然い草のものだけでなく、カビやダニが発生しづらいものや耐久性に優れ防水効果のある化学畳などもありますので、場合にもよりけりです。

 

まとめ

以上を踏まえたうえで、フローリングと畳のそれぞれにおススメの方をまとめてみます。

フローリングはこんな方におススメ

・なるべく手間をかけたくない方

・ダニやカビに敏感な方

・家具をいろいろ置きたい方

畳はこんな方におすすめ

・子どもやお年寄り、ペットの安全を守りたい方

・落ち着いた空間が欲しい方

・調湿、防音、断熱で住環境を整えたい方

 

また、すべてを洋室もしくは和室にする必要はなく、部屋によってフローリングと畳を分けるといった選択肢や、置き畳を使って部屋の一部だけ畳にするなどもできますので、ご自身のニーズに合わせて最適な空間づくりを目指してみてください。

投稿日:2020年08月07日 14:03

お急ぎ下さい!早割で10%割引します!【8/10締切】

※本キャンペーンは締め切りました

 

日頃より田中畳店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

今回はお得なキャンペーンのご案内です。

 

お盆明けから、9月末までの工事を早期予約で10%割引いたします!

 

【予約締切】2020年8月10日(月)まで

 

夏と言えばお盆!せっかくだから畳を替えて、清々しい気持ちで迎えましょう。
毎年、お盆前の畳替えは大変混みあいますので、お早目のご予約をお願いいたします。

昨年は大変混みあって、お客様のご要望に沿えない場合もありご迷惑をお掛けしてしまいました。

そこで、お盆明けの工事で構わないよ!というお客様への感謝の気持ちを込めて「お盆明け早割10%割引」をご用意しました。

さらに今回は、畳だけでなく襖・障子・網戸も割引するお得キャンペーンとなりますので、ご予約はお早めに。

 

畳替えの予定があるかたはお見逃しなく!

詳細はお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

投稿日:2020年08月04日 18:05

わわ和っ!なワークショップ報告!【7月開催】

Yes…It’s Japanese style… what a beautiful…

 

ソー、ナンテウツクシイネ、ジャパニーズスタイル。

 

トツゼンカタコトニナテシマタ、ナカノヒトデース。ドモ、コヌツワ。

 

ニホンブンカ、トテモすてきですが、和風柄もとても綺麗なんですよね。

あれっ、急に日本語が上達…(したと見せかけて、カタコト面倒なので辞める口述とは言えない)

 

さて、7月に行われた、ワークショップは「コースター or ランチョンマット」でしたが、

なんだかとても和を感じる回となりました。

 

なぜなら、その模様がとても美しいからっ!!✨

 

 

どうです?非常にお洒落だと思いません?

思わないとしたら、眼科に行ったほうがいいかもしれません!(あ、目が悪いのは私のほうです?)

 

なかなかどうして、美しいでしょう。

このランチョンマットの上に和食器を置き、コースターに湯飲みを置けば、気分が上がりそうですね↑↑

 

 

やっぱり畳っていいなぁ…

 

あ、8月もワークショップあるのでcheck it out!

ワークショップのご案内

投稿日:2020年08月04日 16:17

ワークショップ報告【6月開催】

どうも、中の人です!

 

6月に開催された、ワークショップではバッグを作りました。

今回は2日間に分けての開催ということで、時間をかけて大きな規模でやりました!

長い梅雨にテンションが上がらず、報告がだーいぶ遅くなってしまいましたが、報告いたします。

 

ん、畳屋がなんでバッグなんだい?それほんとにバッグなのかい?畳じゃないのかい?

 

という声が聞こえてきそうですが、ちゃんとバッグです。

いつもだったら、見せずに最後まで引っ張るのが好きなのですが、今日は梅雨明けを祝って先に完成品から見せることにしましょう。

 

じゃじゃんっ!

こちらが完成品たちです(^_-)-☆

 

 

どう見てもバッグやーん。やーん。やーん…

 

驚きの声ありがとうございます!!そうです、バッグです!言った通りでしょ?

 

どこに畳要素があったか分かりましたでしょうか?

そうです、畳縁ですね。取っ手だけはとっても違います!(キマッタ)

 

あの普段畳縁として使われている部分が、参加者の皆様のナイスセンスと素敵な発想によって、素晴らしいデザインと化しました!

誰が畳縁がバッグに変わると予想したでしょう。その発想に脱帽してくれてもいいですよ、はい。

 

 

特に今回は多くの方にご参加いただきまして、非常に楽しいワークショップとなりました。

 

いつもありがとうございます。

またの参加をお待ちしております。

投稿日:2020年08月03日 17:43

金運アップなワークショップ予告!【8/23(日)】

お財布のことを考えていたら、マネマネマネー!のABBAの曲が頭から離れない中の人ですっ!今日もひょっこりこんにちは。

なんで曲って時折頭の中でループしちゃって離れなくなっちゃうんでしょうね…

 

 

ま、そんなことはさておき…

そうです。今月のワークショップはミニがま口なのです~!!

あくまでこれはイメージなのですが…こんな感じですっ!!

 

どうですか、この招き猫… お金溜まりそうな感じっ!!!

個人的な意見ですが、何か普通の財布よりも、こういったミニがま口くらいのものの方が金運UPしそうではないですか!

いや、別にお金のことばかり考えていて頭から離れないとか、そういうことではないんですよ?

あくまでお財布のことを考えていただけですので、誤解しないでくださいね?

 

開運UPにかこつけて、別に変なツボを売りつけたりしませんので(笑)ミニがま口作ってみたいな~という方は是非ワークショップにご参加くださいね!

 

皆さまの参加を心よりお待ちしております~(^^)/

 

ワークショップ詳細はこちら

投稿日:2020年08月03日 14:44

5月ワークショップ!全集中・小鏡の型っ!

はい、すぐに流行りに便乗する田中畳店の中の人です。

畳の呼吸~、全集中。表替えの型っ!!←これが言いたいだけ。

 

ということで、コロナウィルスとかいう目に見えない変な奴のせいで
世の中大変なことになっておりまして、4月のワークショップも急遽、中止となりました。

 

5月は何とか緊急事態宣言も解除され、対策をしっかりした上で
先日の日曜日にワークショップを開催させて頂きました。

 

ところが、これまたコロナの影響なのでしょう。

 

作業の様子の写真が全くありません。
コロナめ!こういうところにまで影響してくるとは、おだづなよ!

 

 

・・・

 

 

はい、撮り忘れただけです。

なのですみませんが、参加いただいた方に作っていただいた現物で様子をお伝えします。

 

はい、ステキなコンパクトミラーです!

 

 

そして、なんと、

 

 

竈門炭治郎(かまどたんじろう)カラー!

 

からーの、

 

 

 

 

まさかの、根津子カラー!?

 

 

このような石巻市の片隅の畳屋のワークショップにさえ影響力のある
鬼滅の刃、恐るべし!

 

とまぁ、こんなジャンプで流行りな感じのワークショップでした。

See you next time !! keep touch !!

投稿日:2020年05月28日 15:04

赤ちゃんや子供がいる方へ。子育てをするなら、ユニット畳は必須です。

赤ちゃんや子どもがいるご家庭にとって、子どもたちを健やかに育てるために、育児環境というものは非常に気になるところではありますよね。

 

昔と違って現代では住居も西洋化の方向に流れており、畳を持つ家庭が少なくなってきました。もちろんフローリングにはフローリングの良さがありますし、カーペットで柔軟性を持たせることも可能です。

しかし、子育てという面で考えた時には、畳という空間は育児ママ・パパにとっては強い味方になります。

 

赤ちゃんや子どもの育児環境を整えたいと思っているのであれば、ユニット畳(置き畳)で畳コーナーを作ってみるのはいかがでしょうか?以下ではユニット畳(置き畳)を子育てでおススメする理由をご紹介します。

 

 

育児におススメの理由.安全性

赤ちゃんが寝るとき、まだ子どもが小さいうちには、ベッドに寝かせるのは落下する可能性を考えると心配ですよね。両親の間に寝かせるとうの工夫もできますが、それでもやはりベッドというのは子どもが小さいうちには心もとないものがあります。

 

その点、畳の上に布団を敷いてしまえば、布団から落ちてしまったとしても、畳が布団の延長線となってくれるのでベッドから落ちる心配がありません

 

さらにハイハイや走り回る年頃になれば、転んだりするでしょうが、その時にも畳のクッション性がケガの防止に繋がりますのでフローリングよりも安心なのが畳のいいところ。カーペットを使用するという選択肢もありますが、中に入り込んでしまっているほこりやゴミを食べてしまったり、ダニなどが心配な部分もあるので、畳のほうが優れていると言えます。ダニに関しては畳にだっているじゃないかという声が聞こえてきそうですが、防ダニ性のユニット畳もありますので、その恩恵を受けることは十分に可能な時代になっているのです。

 

子どもの安全性が、お父さんお母さんの安心をつくるという点において、畳はその特性を存分に発揮します。

 

育児におススメの理由.防音性

ひとりでハイハイして回ったり、歩けるようになったり、走り回ることが出来るようになってくると、はしゃぎたくなるのが子どもの性というものですが、その音がご近所の迷惑になっていないかという親の心配は子どもたちはつゆ知らず。一軒家にお住まいならそこまで気にする程の事でもない場合が多いですが、マンションやアパートなどの集合住宅においては騒音に無関心でいるということもできません。

 

このようにドタバタ走り回ってはしゃぎまわったとしても、畳の上であれば、いくらかの防音対策にはなります。そもそもの特性としてクッション性がありますので衝撃を吸収しますし、床下に対しては隔てる空間に厚みが出ますのでこちらも防音性が増すでしょう。

 

近所からの騒音のクレームは気になるが、子育てものびのびしたいし…
このようなご家庭においては、畳(特に防音性に優れたもの)というのがベストな選択といっても過言ではないでしょう。

 

 

育児におススメの理由.手入れのしやすさと心地よさ

子どもの行動パターンとして大人と違うところのひとつは、よく地べたに座ったり寝そべったりするということです。床と接する時間が長い子どもにとって、床の心地よさは重要なポイントではないでしょうか。

 

ユニット畳の良さは夏は涼しく、冬は暖かという特徴があることです。そして何よりフローリングの床と比べて柔らかいので子どもにとっても心地よい空間となります。一般的な畳の場合には、子どもの繊細な肌にささくれが心配という場合もあるでしょうが、ユニット畳にはささくれない畳というものも多く存在します。

 

さらに赤ちゃんや子どものうちには、吐いたりこぼしたりいたずらしたりと何かと汚しがちです。防水性のユニット畳なら水拭きでサッと拭き取ってお手入れも簡単ですし、汚れにも強いのです。

 

まとめ.育児にはユニット畳が最強かもしれない

上記でおススメの理由を見てきた通り、子育てに付き物な悩みを数多く解決してくれる床材としては、ユニット畳がベストではないでしょうか。

柔らかくて安全で、防音にも優れていて、汚れにも強くお手入れしやすい。
まさに赤ちゃんや子どもにとって最も優しい床材と言えます。

 

赤ちゃんをはじめ、まだまだはしゃぎがちのお子様がいる方は、ユニット畳の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

投稿日:2020年05月28日 14:50

ユニット畳を使うときに知っておきたいデメリット

 

ユニット畳(置き畳)には通常の畳にはないメリットが沢山あり、和室離れになってきた中でも室内に和を取り入れたいという方の間で人気の商品ですが、その一方で気を付けなければならない事やデメリットももちろんあります。

 

今回はユニット畳を導入する際に注意するべきポイントと、このような場合には向いていないよというデメリットをご紹介します。

 

 

滑って動いてしまう・ずれる

これは敷き方とフローリングとの相性にもよるのですが、ユニット畳を敷いているときに、滑って動いてしまってずれることがあります。

子どもが走り回ったり、しょっちゅう衝撃が加わるような使い方をすると、動いてしまって元に戻さなくてはならないのはひとつのデメリットとなります。

動かないように角に敷く、滑り止めを利用するなどして対応が可能です。

 

 

掃除をするときにどかす必要がある

置き畳の下も掃除したいとなったときには、一度は動かす必要があるのもデメリットの一つです。

通常の畳に比べて軽いと言っても、あまり力のない方にとっては、動かすのも大変かもしれません。

 

 

ジョイントマットと比較すると値が張る

あくまで比較の話ですが、クッション性を求めるのであればジョイントマットを利用するなどという選択肢もあります。

ジョイントマットはかなり安価なので、これと比べるとユニット畳は少し高いように感じるかもしれません。

しかし、ジョイントマットはボロボロになりやすかったりにおいの問題があるなど、一長一短なので、どちらが適しているかは目的によるでしょう。

機能性や耐久性・デザイン性も含めて考えると ユニット畳が人気な理由をお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

 

天然い草タイプは水に注意

ユニット畳には様々な種類がありますが、天然い草タイプの場合には、注意すべきポイントがあります。

例えば汚れを拭き取るために、水分を多く含んだ濡れタオルを使用したりすると、カビが発生することがあります。

また掃除機をかける際には、目に沿って優しくかけないと傷みの原因になります。

天然い草は香りが良いなどメリットもありますが、その分繊細であるということを心に留めておく必要があるでしょう。

防水性に優れたものを考えるのならば、化学表の畳が良いと言えます。

 

 

縁なしタイプの弱点

畳に縁がある理由をご存じでしょうか。実はこれは摩擦で畳が傷むのを防ぐ役割を担っています。

ユニット畳では、デザイン性にも優れる縁なしタイプが人気ですが、これは縁のある通常よりも耐久性に劣るという弱点があるのです。

投稿日:2020年04月24日 13:39

決済手数料 無料
決済手数料 無料
手数料324円~(最大1,080円)
振込手数料はご利用の金融機関をご覧下さい。(ゆうちょ間の振替は無料)

【石巻、東松島、女川にお住いの方へ】
田中畳店は石巻、東松島、女川の方で13,000円以上のご依頼で「大掃除サービス」させていただきます。
石巻市を中心に、現在は東松島市のお客様からも好評いただいております。東松島の方もぜひご相談下さい。